加圧シャツ 本当におすすめできるのは金剛筋シャツとバルクアップアーマープロ、ビダンザビースト

金剛筋シャツとバルクアップアーマープロ、ビダンザビーストなど、加圧シャツとよばれるスパンデックス繊維を織り込んだ筋トレシャツが人気です。

他にも、スリムゼウスやウルトラシックスやマッスルプレス、鉄筋シャツなどどがあります。

また今までは女性用が少なかったわけですが、最近では、エクスレンダーなどレディース加圧シャツも登場しています。

加圧シャツの人気に日が付いたのは2016年末のウルトラシックスがきっかけかと思われがちですが、実際には鉄筋シャツ、金剛筋シャツなどはそれより前から登場しています。

スパンデックス繊維による効果で姿勢がよくなるだったり、運動、特に筋トレをする際に加圧シャツを着ていると疲労回復が今までよりも早まったりします。

加圧トレーニング時に装着するベルトには遠く及びませんが筋トレ効果がアップしたなどたくさんの効果への口コミがあります。

人気ランキングを調べていると、ほとんどのサイトで金剛筋シャツを1位に推薦しているようです。

理由とすると、商品力の高さ=加圧力がほかの商品よりも強力で効果的に腹筋、胸筋などに働きかけることによるようです。

金剛筋シャツだけはPRイベントなどを主催し芸能人である庄司智春などを起用するなど大変な注目が集まっています。

さらに、ヤフージャパンだけでなくありとあらゆる媒体に露出してる関係もあって知名度も飛躍的に向上しました。

いまや、加圧シャツといえば人気、知名度、実力ともにナンバー1なのが金剛筋シャツといってよいのかもしれません。

僕も、30歳くらいまであ170センチで50キロくらいしかありませんでした。

太りたいと思って、お菓子食べようが、プロテイン飲もうが何をしても太ることはできませんでした。

それがいまや、食べれば、即座に体重が増えてしまい、健康診断を受ければ、血圧も130を超えていて少し高め。血糖値も基準値ぎりぎり。

そして中性脂肪もぎりぎり。

総コレステロールにいたっては基準値を軽くオーバーしています。

これではいけないと思って、物置に仕込んでいた、7年前にファイティングロードで購入した激安ダンベル片方20キロ(片手ではもちあがりません)を部屋に持ってきてヨガマットを購入し、腹筋ローラーを購入。

そしてブルワーカーをクローゼットから引っ張り出し、毎日すこしづつ行いつつ、加圧シャツも活用しています。

加圧シャツの参考サイトはこちら

おかげで有酸素運動はほぼ0に近い状態ですが、少しづつ体重も減ってきて、お腹が手でつかめるような状態だったのが、指先でつかめる程度にまで凹み、太ももも、ほぼ脂肪だったようで、細くなりました。

太ってきますと、今まで感じなかったいろいろなことに不便がかかるなということがはっきりとわかりました。

加圧シャツだけの効果ではないのですが、僕のダイエットに大いに役立ったことは間違いないですし、これからも加圧シャツをどんどん活用していこうかと思います。

今、使っていますのは、金剛筋シャツとマッスルプレス、バルクアップアーマープロ、ビダンザビーストなのですが、2年ほど前の加圧シャツと比べますといろいろな面で機能がアップしている気がしますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です